名刺管理ソフトの活用で業務が効率良くなる【名前と顔をドンピシャ】

日本でも便利

ビジネスマン

国内でも定着しはじめたBPO

BPOとはビジネスプロセスアウトソーシングの略号で、企業における一定の業務プロセスを外部企業に委託することで経営効率を高め、コアになる事業に集中するという方法のことをいいます。業務の中には企業の責任者が判断しなくてはならない重要な部分が存在しますが、それとは逆に特別な熟練性や専門性を伴わずに外部に委託することでコストを下げられるプロセスもあるのです。こうしたことに着目し、米国ではいち早くこのBPOと呼ばれる外部委託を進める先進企業が増えたのです。こうした流れは国内でも同様に起こるようになり、一部の企業はBPOを実際に利用するようになってきて、かなり一般化して業務委託のプロセスとなってきているのです。

今後もアウトソースの主力としてさらに拡大が予想されます

BPOは人手不足や業務の効率化といって視点で考えても利用価値の高いアウトソーシングと言え、今後国内でもさらにBPOに対する需要が増えていくことが考えられます。現状では国内のニアショアを利用したBPOがほとんどですが、この業務委託が増加するようになれば米国のようにオフショア(海外)を利用したBPOが多くなることも期待されています。国内では業務効率を高めることができてもなかなか人件費的に大きなコストダウンがかはれないのが実情となりますが、中国やインド、東南アジアなどを利用していくことができれば、このコストはさらに圧縮することが可能となるわけで、さらにBPOの費用対効果が向上することが考えられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加